一般財団法人 東洋運勢学会

今月の運勢

九星気学で見る、2018年11月の運勢です。

▼生年月日からあなたの本命星を割り出します。

一白水星  ● 低迷運
運気が低迷し万事が停滞傾向。行動が空回りし努力も徒労に終わることが多い。下手に動けばかえって状況の悪化を招く恐れもある。今月はツキがないので無理に動こうとせず、受身の姿勢で現状を守ることに専念し、すべきこと、必要なことだけに止めておくのが無難。
二黒土星  ○ 漸進運
運気は次第に上向き、徐々にやる気と活力が増してくるとき。張り切って実力以上の大きな目標を掲げがちだが、高望みは挫折を招くもととなる。功を焦らず身の丈にあった堅実な計画を立て、将来の飛躍のために堅固な基礎を築こう。周囲への根回しも大切。
三碧木星  ◎ 上昇運
運気は活性の上昇運。従来からの計画を実行に移したり、好奇心を生かして新たなことにチャレンジするチャンス。但し何ごとも計画的に進めることが大切。思い付きでの行動や、拙速に結果を求めることは慎むこと。プロセスを楽しむ気持ちの余裕も必要。
四緑木星  ○ 旺盛運
旺盛な運気で好調の反面、トラブル含みで思わぬ障害が生じやすい。順調な進展できたことが最終段階で失速する恐れがある。最後まで気を抜かずに手がけてきたことに専念すれば相応の成果がある。我田引水の態度で協力者を失わぬよう注意しよう。
五黄土星  △ 守勢運
運気は強いが不安定。今月は攻めから守りに転じ、安定と充実をめざすターニングポイント。前に進むよりは、立ち止まってこれまでを振り返り、内容のレベルアップを計るべきとき。高望みをやめて身の丈を知り、謙虚な気持ちで現実を見つめ直すことが大切。
六白金星  ○ 旺盛運
旺盛な運気に後押しされて気力が充実して行動力も増すとき。周囲の期待に応えて積極的にリーダーシップを発揮したいときだが、少々やり過ぎる傾向があるので要自重。何ごとも自分の守備範囲を守り、全力で当たるより八分の力で対応したほうが上首尾となる。
七赤金星  ○ 安定運
穏やかで安定した運気に恵まれ、これまでの努力の成果を手にするとき。心にゆとりをもって仲間と喜びを分かち合おう。社交運が好調なとき。感謝と労いの言葉が人間関係を良好にする。親切心は大切だが、押し付けがましくならぬよう言い方に工夫が必要。
八白土星  △ 変化運
変化運の影響を受け、迷いや悩みが生じやすいとき。現状の打破を求めて変革を目指すが、短絡的、独断に走って失敗しやすい。不安な気分に流されず、落ち着いて事態を静観し、成り行きを見定めた上で最小限の対応で凌ぐのが無難に乗り切るための上策。
九紫火星  ○ 向上運
今月は華やかな表面の裏に問題を抱える吉凶混在の月。過去の実績が評価されて注目を浴びる半面、不都合も表面化しやすい。人間関係の離合集散が生じて親しい人との離別もありうる。判断ミスを犯しやすいので契約ごと、書類や印章の取扱いには慎重に。

出典:九星幸運暦