一般財団法人 東洋運勢学会

今月の運勢

九星気学で見る、2020年4月の運勢です。

▼生年月日からあなたの本命星を割り出します。

一白水星  ○ 好調運
本命星は離宮に廻り年盤の歳破を帯同する二黒と同会します。活性の運気ですが不安要素を抱えて不安定です。評価が高まる一方、ミスや隠しごとも露見しやすいので言動は慎重にしたい。直感や判断も狂いがちですから、冷静かつロジカルな思考を心がけ、感謝の気持ちは素直に表現しよう。
二黒土星  ● 衰退運
本命星は坎宮に廻り年盤の三碧と同会します。運気が衰退し諸事停滞気味のとき。努力が空転して思うように力が発揮できません。安直な思考や迂闊な言動が事態の悪化を招く恐れもあるので、万事に慎重な対応を心がけよう。パワー不足は否めませんから、積極的な行動は極力控えて守りに徹するのが賢明。
三碧木星  ○ 向上運
本命星は坤宮に廻り年盤の四緑と同会します。運気は次第に上向き、停滞していた状況も動き出すとき。行動範囲が広がり、いろいろと手を広げたくなりますが、功を焦る必要はなく無理は禁物です。新たなことを始めるには時期尚早。今月は信用と資金の蓄積に努めて飛躍の基礎を築くときです。
四緑木星  ○ 旺盛運
本命星は震宮に廻り年盤の五黄と同会します。運気は旺盛な上昇運ですが波乱含みのとき。万事に勢いがあり、準備をしてきたことをスタートさせるチャンスの反面、功を焦るあまり計画性を欠いて暴走しやすい。急いては事を仕損じる。周囲と歩調を合わせながら慎重に行動すれば好結果を得ます。
五黄土星  ◎ 発展運
本命星は巽宮に廻って年盤の六白金星に同会します。運気は絶好調な発展運。諸事順調な進展で、良い縁とチャンスにも恵まれ、手がけることには相応以上の成果が期待できます。万事に手の広げすぎと予算超過に注意し、高慢、強引な態度も控えよう。相手に合わせつつも自分のペースを保って充実。
六白金星  △ 自重運
本命星は中宮に廻り年盤の七赤と同会します。運気は強くても不安定。吉凶が混在し、過去の行動の結果が善悪ともに表出します。人により、事と次第により良い悪いの差が大きい。これまでを振り返って初心に戻り、今後の方向性を再検討し、課題を明確にすることが大切です。
七赤金星    自重運
本命星は月破と暗剣殺を帯同して乾宮に廻り年盤の八白と同会します。旺盛な運気が裏目に出がち。自信過剰から暴走しやすいので注意です。意固地になるきらいがあるので、周囲と歩調を合わせ、ときには譲ることも必要。勝手な思い込みで周囲に迷惑をかけたり、対立と衝突を引き起こさないように自重して。
八白土星  △ 注意運
本命星は兌宮に廻り年盤の暗剣殺を帯同する九紫と同会します。運気自体は悪くありませんが、些細なトラブルに足を取られがちで油断できないとき。特に対人運は不調で、わがままな言動が周囲の不評を買って信用失墜につながるので、万事に約束厳守で誠実に対応しよう。甘い見通しと欲による決断は禁物。
九紫火星  △ 変化運
本命星は艮宮に廻り年盤の一白と同会します。変化運の支配下で周囲の状況が変わりやすい。自分から急激な変化を求めると破綻を招くので、思いつきで行動するのではなく、冷静にタイミングを見計らうことが大切です。何ごとも独断で進めず、周囲と十分に話し合って決めることで無難を得ます。

出典:九星幸運暦