一般財団法人 東洋運勢学会

今月の運勢

九星気学で見る、2020年1月の運勢です。

▼生年月日からあなたの本命星を割り出します。

一白水星  ◎ 旺盛運
本命星は乾宮に廻り年盤の九紫と同会します。運気は旺盛で、気力に溢れて行動力も増し、周囲の期待も大きいとき。目標を高く掲げ、骨惜しみせず努力すれば、相応以上の成果が期待できます。責任もアイデアも一人で背負い込まず、謙虚な姿勢で目上の助力を得れば一層の発展が望めます。
二黒土星  ○ 良好運
本命星は兌宮に廻り年盤の一白と同会します。安定した運気で心に余裕が生まれるとき。無理のない自然体かつ柔軟な姿勢で、ものごとは順調に進展します。また、何ごともゆったりした気分で楽しく過ごす工夫をすれば交遊関係も広がりを見せます。気が緩みやすいので、話題選びと言葉遣いに配慮して。
三碧木星  ● 慎重運
本命星は艮宮に廻り年盤の暗剣殺を帯同した二黒と同会します。変化運に翻弄されて気持ちが落ち着かないとき。変化を求める気持ちが強く、方針に迷いが生じることもありますが、安易な方向転換は危険です。受け身に徹して現状を維持し、変えざるを得ない場合は変えるも、変えなくてもいいものは調整に止める。
四緑木星  △ 注意運
本命星は暗剣殺を帯同して離宮に廻り年盤の三碧と同会します。好調に見えても、内面にトラブル要因を抱えて不安定なとき。つまらぬ見栄や意地を張ると、孤立したり中傷の的になります。とくに今月は気分や感情に左右されやすいので、努めて冷静な言動を心がけ、特に契約ごとには慎重を要します。
五黄土星  ● 低調運
本命星は坎宮に廻り年盤の四緑と同会します。低調な運気で思うように力を発揮できないとき。心身ともにパワーダウンし、無理がきかないので、積極的な行動は控えて守りに徹し、特に新規のことは見合わせるのが賢明です。人間関係を大切にし、無理をせず、目の前のことに集中して力を蓄え時期を待とう。
六白金星  △ 慎重運
本命星は月破を帯同して坤宮に廻り年盤の五黄と同会します。運気は徐々に回復基調にありますが、何かと邪魔が入ってものごとが停滞しがちなとき。イライラするとつまらぬミスを犯し、功を焦って急進すれば墓穴を掘ることになります。落ち着いてきちんと目標を立て、将来の為に地道な基礎固めに専念しよう。
七赤金星  ◎ 上昇運
本命星は震宮に廻り年盤の六白と同会します。上昇運に乗って諸事順調に進展します。気力が充実し行動力も増すので、準備が整っていることは実行に移すチャンス。苦手な分野にも勇気を持ってチャレンジすれば新たな可能性も広がります。積極果敢な行動が効果的ですが、目上を立てて独断専行は控えて。
八白土星  ◎ 発展運
本命星は巽宮に廻って年盤の歳破を帯同する七赤と同会します。運気は好調な発展運。概ね順調な進展が期待できますが、内部にトラブル要因を抱えて油断できません。万事最後まできちんと仕上げる姿勢が大切です。人脈の充実を図り、信用第一の姿勢で誠意をもって良好な人間関係を保つ努力で開運。
九紫火星  △ 自重運
本命星は中宮に廻り年盤の八白土星と同会します。今月は吉凶が混在する浮沈の激しい運気。新規のことに手を出したり強気な拡張策は禁物です。これまでの行動に一区切りをつけて、まとめに入る準備が必要。特に中途半端な状態にはしっかりケジメをつけ、時間をかけて過不足を修整することが大切です。

出典:九星幸運暦