一般財団法人 東洋運勢学会

今月の運勢

九星気学で見る、2018年10月の運勢です。

▼生年月日からあなたの本命星を割り出します。

一白水星  ○ 自重運
一見好調の裏面に思わぬ問題が潜んでいる。日頃の努力が認められる半面、隠していた不都合なことが露見する恐れもある。悪目立ちせぬように注意し、周囲の評判や忠告には耳を傾けること。高飛車な言動や感情的な言動に注意し、努めて冷静を保つことが大切。
二黒土星  ● 衰退運
運気が衰退してツキが無く、万事が停滞傾向。トラブル続きで苦労が多く、何をやっても空回りして努力に見合う成果が得られない。無理に動けば現状の悪化を招くので、前向きの気持ちで充電期間と割り切り、受け身に徹して体勢を立て直し、時節の到来を待とう。
三碧木星  ○ 向上運
運気は次第に上向き、何ごとにも積極性が出てくるがパワー不足は否めない。新規のことに手を出すのも時期尚早。目先の利益に左右されることなく、将来のために目標を高く掲げ、十分な調査と計画立案の上で着実に基礎を築こ。周囲の理解を得る努力も大切。
四緑木星  ◎ 上昇運
運気は旺盛な上昇運で新たな出会いが幸運を運ぶ。気力が充実して行動力も増すとき。準備してきたことを始めたり、以前から興味のあったことや新しい分野にチャレンジするにも良いチャンス。「好きなことを楽しく」が成功の秘訣だが、計画性を持つことはさらに重要。
五黄土星  ○ 発展運
発展の運気だが、内外のトラブル要素で不安定。手がけていることは完成間近。堅実に対処すれば計画も実を結ぶときだが、油断すると最終段階で頓挫する恐れもある。何ごとも最後まで気を抜かずに慎重に仕上げることが大切。周囲とのバランスを大切にして焦らずに進め。
六白金星  △ 守勢運
運気は強いが吉凶混在で安定性を欠く。手がけてきたことは一段落して相応の評価を得るが、高望みをして更なる発展を求めてもリスクが多く得るものは少ない。今月は、発展向上から安定充実を目指す方向路線を切り替え、来し方を反省し、行く末を考えるべきとき。
七赤金星  △ 慎重運
トラブルの暗示があり、旺盛な運気が裏目に出やすい波乱含みのとき。今月は自信過剰の傾向も不安要素。強気の姿勢で取り組んでも忙しいばかりで実績が伴わない。また、頑固に自説を譲らず周囲と摩擦を生じやすい。ルールを守り謙虚な姿勢を心がけることが大切。
八白土星  ○ 安定運
穏やかながら良好な運気に恵まれ、欲張らなければ諸事順調に推移するとき。特に社交運が良好。奉仕の精神を発揮して豊かな人間関係を築けば生涯の財産となる。良好な関係を結ぶには、感謝する気持ちを忘れず、礼義正しい態度で接することが大切。不用意な発言で人を傷つけぬよう配慮が必要。
九紫火星  △ 変化運
変化運の今月は迷いが多く、落ち着きがない。将来への不安と焦燥感から路線の変更や新たなことに挑戦したくなるときだが、自分から積極的に変化を求めるのは不可。安易な方針変更など論外。受身に徹し、訪れる変化には柔軟な対応を心がければ無難となる。

出典:九星幸運暦